おすすめのガイドブック、ガイドブックの持ち歩き方

海外一人旅にガイドブックは欠かせません。
観光スポットや宿、交通手段など細かい情報が載っているので、現地で行動計画を立てたり、迷わずに行動したりするのに役立ちます。

○オリジナルのガイドブックを持っていく
行く国や用途によっておすすめのガイドブックは異なります。
そこでおすすめなのが、どれか1冊ではなく、それぞれの良い部分を組みあわせて持っていく方法です。

・基本的には「地球の歩き方」を持っていくが、必要に応じて「ロンリープラネット」のコピーも併せて持っていく

・図書館へ行き、自分が行きたいと思う国や街についてのページを各ガイドブックからコピーしてオリジナルのガイドブックをつくる

・補足として、ネットの情報をプリントアウトして貼ったり、詳しい地図が必要な場合はgoogleマップをプリントアウトしたものを貼ったりする

このようにして自分の目的に合ったガイドを準備しておくとよいでしょう。
旅先では想像以上に道に迷いやすいので、地図はできるだけ細かく情報が載っているものを用意した方がいいです。

○旅人に人気のガイドブック
・地球の歩き方(ダイヤモンド社)
・ロンリープラネット(ディアファクトリー)
・新個人旅行(昭文社)
・歩くシリーズ(メディアポルタ)

現地で最新情報を確認する必要があるなど、ガイドブックの情報だけでは足りなくなる場合もあります。
そんな時にはパソコンやスマホ、現地のネットカフェで調べたり、親しくなった旅行者や現地の人、観光案内所で聞いたりする人が多いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る