一人旅で盗難・紛失に遭った時の対処法

どんなに旅慣れた人でも、盗難や紛失に遭ってしまうことはあります。もし旅先で盗難紛失に遭ってしまった場合の基本的な対応は以下の通りです。

・パスポート紛失
警察に届け出て証明書を作成してもらいます。
それと運転免許証など身分証明書、パスポートのコピー、パスポート用の写真を持って日本大使館か領事館へ行き、パスポートの失効届と新規発給届け手続きをします。
パスポートの再発行には最低でも3日位はかかってしまうので、帰国日が間近に迫っている場合には、「帰国のための渡航書」という書類を作成してもらいます。
海外旅行保険の携行品特約に入っている場合、発給手数料、最寄りの在外公館までの交通費、延泊のホテル代などが補償されますのでレシートを保存しておきましょう。

・荷物を紛失
警察に届け、証明書を作成してもらいます。
現金が戻ってくる可能性は少ないですが、海外旅行保険の携行品特約に入っていれば日本へ帰国後に補償してもらえます。

・クレジットカード紛失
ただちにカード会社に連絡し、無効手続きをとります。
カード会社によっては現地で再発行ができます。紛失した荷物の中にクレジットカードが含まれている場合、警察にいくよりもカード会社への連絡のほうが優先です。

・航空券紛失
Eチケットの場合は紛失しても航空会社などにて無料で再発行が可能ですが、あらかじめ2~3部コピーを持っておくと安心です。
Eチケットでない航空券の場合は警察に届け、証明書を作成してもらいます。
そして航空会社のカウンターへ行くか電話して、再発行を依頼します。
その際、発行日、便名、予約氏名などを伝えます。
代わりの航空券を発行してもらえる場合もありますが、買いなおさなければならないことも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る