ダイナミックパッケージの広がりで、旅行手配がますます複雑になる?

JTB、じゃらん、楽天トラベルなどの旅行会社が航空券と宿泊施設を自由に組み合わせられる、いわゆる「ダイナミックパッケージ」に力をいれているそうです。
(出典:日本経済新聞web版「航空券と宿泊先、ネットで自由に 新パック旅行広がる 」)
エクスペディアとかでも、以前から取り扱っているものですね。
記事には、このようなことが書かれていました。
・いままでのパック旅行は組みあわせのパターンが数十にとどまるのに対し、数百とおりから選べるので、組み合わせによっては正規の半額になる場合もある。
・旅慣れた年配の消費者などに受けていて利用者が増えているために、さらに力を入れることにした。
自由旅行、パッケージツアーに加えて選択肢が増えて、そのぶん安く海外にいける可能性がさらに広がるというのは、とても良いことですね。
でもあんまり選択肢が増えすぎても、ただでさえ分かりにくい航空券や宿の手配が、かえってややこしくなってしまうのでは?とも思いました。
僕はいつもexcelを使って徹底的に比較するほうなので(笑)さらに手間がかかるようになるのは、めんどくさいかもなぁと感じました。
記事の中には「従来型のパック旅行で一度訪れた場所に行くときに利用する消費者も目立つ」とも書かれています。
たしかに一回行ってだいたいの値段を把握したうえで、じゃぁダイナミックパッケージとどっちが安いのか?と比べるほうが、分かりやすいのではないでしょうか。
でも今の各社のダイナミックパッケージは、僕的には、まだまだ選択肢が少ないと感じています。
だから結局は従来のパックツアーと自由旅行の選択になり、後者を選ぶ…となることが多いです。
でももっと選択の幅が広がってくると「自由に選べと言われても分からないし、めんどうだから普通のパック旅行がいい」という人も増えてきそうな気がしています(笑)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年9月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る