日本食が食べたくなったら

海外旅行をしている時に日本食が恋しくなったという経験のある人は多いかと思います。
わざわざ海外へ行って日本食を食べるなんてありえないという意見もありますが、数週間から1か月、あるいはもっと長期の旅行であれば日本食が恋しくなる時が1回や2回くらいは訪れるのではないかと思います。

そんな時に1番おすすめなのは、ずばり日本のカップラーメンです。

ガイドブックに載っている日本食レストランに何度か入ったことはありますが日本人的にはおいしくなく、しかも高いと感じる場合がほとんどでした。

それよりは、どこの国にもある中華料理の店に入った方がおいしいですし、日本食に近い食事ができます。
でもやっぱり日本食とは違うだけに、それで満足できないのであれば日本のカップラーメンを食べるのが1番だと思います。

携帯用の小さいやかんや、ミニクッキングヒーターを持っていくと、すぐに自分の部屋でお湯を沸かせるので便利です。

あるいは宿の人にお湯をくれるように頼むという方法もあります。
このときカップラーメンにはぬるいお湯をもってくる場合があるので、カップラーメンを見せながら沸騰したお湯をくださいと頼んだ方が確実です。

ちなみに今まで食べた海外の日本食の中で、1番おいしかったのはアメリカで食べた吉野家の牛丼です。
日本とほとんど同じ味だったので、吉牛が好きな方にはおすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る