一人旅に出て変わったこと

僕自身の変化の中で大きいものの1つが、自分の中の常識が壊れることによって、さらに広い視野で物事を見られるようになったことです。

日本とは言語や習慣、価値観の異なる世界で、いろんな人と接することで「自分が今までずっと常識だと思っていたことが必ずしも正しいとは限らないのだ」と実感しました。
日本にいるだけでは分からないことが、海外には確実にあると思います。

ただ、ほとんどの人は海外に観光、つまりは遊ぶために行っていると思いますし、僕はそれでいいと思います。
自分探しの旅みたいな気負った感じでなく、一人旅を思いっきり楽しむことができれば結果的に何か得るものがあると思うからです。


~旅人の声~ 海外一人旅で変わったこと

自信が持てるようになった
海外では自己主張がすごく強い人が多く、それが当たり前です。
そのためジェスチャーも交え、言いたいことをハッキリ伝える必要があります。
その経験することで外国人との会話に慣れ、今までに比べて自己主張できるようになり、自信につながるようです。


視野が広がった

海外では、日本とは異なる文化・風習を見聞きし、多くの外国人と話してたくさんの価値観に触れる機会が数多くあります。
その結果、視野が広がった、違った視点からの見方ができるようになったと感じる人も多いです。

周囲の人のありがたみに気づいた
アクシデントが起きた時に現地の人に助けてもらったという大きなことから、道を尋ねるといった小さなことまで、一人旅では様々な人にいろんな形で助けてもらうことが多いです。
そういった体験から自分一人の力で生きていると思っていたけど、実は違うと気づかされます。
また、日本に帰ってから周りの人のミスを許せるようになったという話も聞きます。

自分の悩みがちっぽけなものに思えるようになった
行く国によっては文化の違いで、良くいえばおおらかな、悪くいうと適当な生き方をしている人たちを見かけます。
そんな時、自分はなんて小さなことで悩んでいたのだろうと感じるようです。

言葉や文化について興味を持つようになった
多くの外国人と接することで語学の大切さを実感する人は多いです。
また、外国人の多くは自分の国に誇りを持っており、自信満々に自国の文化などについて語ります。
そして日本のことを質問された時にうまく答えられなかった経験から、日本の文化に興味を持つようなります。

不衛生なことに対する過度な抵抗が減った
日本と比較すると海外はトイレが汚かったり、ガンジス河で水浴びをしている人がいたりと不衛生なことが多いです。
しかし、そういった経験をすることで、今まで不潔だと思っていたことが平気になった人もいるようです。

自分の身は自分で守るという意識が強くなった
海外は窃盗をはじめ犯罪の多い国も少なくありません。
一人旅で自分以外に誰も頼れる人がいないという状況を長く経験すればするほど、日本でも防犯意識が強くなります。

日本の良さを実感した
日本は他の国々に比べ、清潔でモラルも高く、サービスが充実し、店員の接客が丁寧です。
また行く国によっては貧しい暮らしをしている人々を目にするかもしれません。
そんな時、自分がどれだけ恵まれていたのか気づかされます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る