旅先でのマナー

国によってマナーや習慣は違いますが、日本と同じく「こんにちは」「ありがとう」程度のあいさつは基本です。
買い物でお店に入ったときにあいさつひとつするだけでも、気持ち良く買い物できるようになります。

また人前での化粧や、禁煙場所で喫煙するといった行為もやめましょう。
最近は遺跡に落書きをするなどの非常識な行為をする旅行者が増えています。

旅先ではマナーを守って気持ち良く過ごしましょう。
嫌な気持ちを他の人達にさせないという配慮が基本です。

・宗教や習慣の違いを理解しておく
イスラム教やヒンズー教では左手は不浄とされ食事や物の受け渡しは右手で行う、頭は神聖な部分だから子供の頭も撫でてはいけないなど、宗教ならではの決まりがあります。
また、シンガポールでは道にゴミを捨てると罰金を取られます。
行く国によってはマナー違反やトラブルの原因になるため、行く国の宗教や習慣の違いを事前に調べておくと良いです。

・写真を撮るときのマナー
人の写真を撮る場合には了解を取りましょう。撮影場所にも注意が必要です。
美術館や教会・寺院はもちろんのこと、国によっては駅や橋など公共の建造物の撮影も禁じられている場合があります。

・教会や寺院でのマナー
大声を出さないなどはもちろん、帽子は脱ぐ、肩やひざを露出しないなど、服装にも注意が必要です。

・食事のマナー
音をたてない、口に食べ物を入れたまま話さないといった基本はどこの国でも同じです。
レストランのテーブルなどで髪をとかしたりすることもマナー違反です。
料理によって細かいマナーは異なりますが、最低限のマナーやエチケットは知っておくことをおすすめします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年4月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る