ユーシン渓谷の本当のベストシーズン

Twitterのみんなの投稿を見て紅葉がピークになったころを見計らい、ユーシンブルーで有名なユーシン渓谷へ行っていました。
事前に調べてみると山の地図を持っていったほうがいい、真っ暗なトンネルを通るから懐中電灯必須など、軽いハイキング気分で行ける場所ではなさそう。
というわけで色々と入念に準備をして出発。
電車&バスだと面倒だと思ったので車で行きました。

ユーシン渓谷駐車スペース
ユーシン渓谷駐車スペース
ちょっと出遅れてしまったので危惧はしていたのですが、付近の駐車場はどこも満車!
路肩はもちろんのこと、基本駐車禁止では?と思う場所にもびっしり車が止まっていました。

ユーシン渓谷駐車スペース
どうしよう…と思いつつ来た道を少し引き返したところに、奇跡的に一台分なんとか入りそうな場所を発見!
無理やりねじ込むことに成功したので(笑)いざ出発。この時点で9:45頃でした。

ユーシン渓谷 玄倉商店 ユーシン渓谷 玄倉商店 玄倉商店 バス乗り場
ユーシン渓谷の玄関口、玄倉商店。
買い忘れたものがあればここで補充でき、公衆トイレも隣接しています。
店の前がバス停。

丹沢湖から富士山
紅葉の丹沢湖から富士山
丹沢湖湖畔から富士山をパシャリ。
玄倉商店の道はさんで正面にある駐車場のはずれ付近から。
ここが一番富士山をきれいに撮れました。

ユーシン渓谷
小さな子供連れの家族がけっこう居たことが意外でした。
なかにはヨチヨチ歩きな子供まで!
あとで分かったのですが、ユーシン渓谷まではなだらかな上り坂で、急な坂はありません。休みながらいけば小さな子供でもなんとか踏破できるのだと思います。

201611221628 012
子連れと同じく多かったのがペット連れ。
道中たくさんの人が居て、みんなが進むほうへ行けば良いので地図は必要ありませんでした。
(観光客が少ない時期は地図があるほうが安心かも。)

ユーシン渓谷 ユーシン渓谷
少し進んだところで、滝と紅葉の風景が美しい場所がありました。
結果的にはこの日見たなかで一番、イメージの中のユーシンブルーに近い青さでした。

ユーシン渓谷
分かれ道ですがみんなの行くほうへ行けば安心(笑)。

ユーシン渓谷
分かれ道の少し先に、すごく鮮やかに色づいている木がありました。

ユーシン渓谷のゲート
ユーシン渓谷に入るゲート。

ユーシン渓谷
ゲートの少し先でセルフィー撮ってみた(笑)

ユーシン渓谷 新青崩隧道
いちばん長い新青崩隧道。

ユーシン渓谷 石崩隧道の中
トンネルの中は灯りひとつありません。ヘッドライトで照らされたごつごつした岩肌が妙にリアル。

ユーシン渓谷 新青崩隧道の中
ライトを消すと真っ暗!ヘッドライト、懐中電灯は必須です。
…とはいえ他にも人が多くて、なかにはすごい強烈にトンネル内を照らすライトを持っている人もいたので、自分のライトを消してもなんとか視界を確保できることは多かったです。
ピーク時は最悪、スマホのライトだけでもいけるとは思います。

ユーシン渓谷 新青崩街道を抜けた先
新青崩隧道を抜けると見晴らしのよい場所に出ます。
ここでお弁当食べている人が多かったです。

ユーシン渓谷 新青崩街道を抜けた先
僕はこの人みたいに腰かけてランチ。

ユーシン渓谷 新青崩街道を抜けた先
足もとに広がる絶景!

ユーシン渓谷 石崩隧道
さらに歩を進めると、さいごのトンネル石崩隧道。

ユーシン渓谷 石崩隧道を抜けたところ
石崩隧道を抜けたすぐのところに清流。
水の流れる音に癒されました。
ユーシンブルーの場所まであと少し!

ユーシン渓谷 玄倉第二発電所
玄倉ダムの看板のすぐ先に…

ユーシン渓谷 玄倉第二発電所 ユーシン渓谷 玄倉第二発電所
ユーシン渓谷到着!
でも思っていたほどでもなかったような…??
隣にいた人たちが「夏のほうが蒼かったね」と話していました。
紅葉の葉っぱが川底にたくさん落ちちゃっているぶん、色が濁っちゃっているのでは?とのこと。
なるほど…。

ユーシン渓谷 玄倉第二発電所
たしかに部分的には青く見える場所もありました。
ということはユーシン渓谷を訪れるベストシーズンは、青い水を見たいのであれば紅葉が散る寸前くらいがベスト??
なかなかシビアなタイミングですね。

ユーシン渓谷 玄倉第二発電所
もうちょっと先まで歩いてみました。玄倉第二発電所。

ユーシン渓谷 玄倉第二発電所から少し進んだところにある橋
発電所の少し先にかかる橋からきれいな紅葉。
というわけで途中、休憩をはさみつつここまで2時間半で到着。
長かったですが険しい山道ではないので、のんびり歩けば良いリフレッシュになると思います。
途中からソフトバンクiPhoneの電波が全く届かなくなったので、ネットからも遮断されてよかったです。

玄倉商店 公衆トイレ
帰りに玄倉商店の前を通ったとき、女子トイレに長蛇の列ができていて驚きました!
女性の皆さんは要注意ですね。

山と高原地図アプリ
ちなみにすごい便利だったのが、山と高原地図アプリ(有料)。
iPhoneの電波が届かない場所でもGPSで自分の位置がつねに表示されるので、自分が今どこに居るのかが一目瞭然。
まわりの人についていけば道に迷うことがないとはいえ、目標まであとどれくらいなのかがすぐに分かるのは大きかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

つつじ・しゃくなげフェア2016

2016-5-16

箱根名物、満開のつつじと富士山

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る