ヌサドゥア地区の道路に突然現れる、ボコっとした膨らみの理由

ヌサドゥア地区の道には、あちこちにボコっと膨らんだ部分があります。

こういうキレイな道の途中に、いきなりボコっと膨らんだ部分が出現!

バリコレクションへの無料シャトルバス

ホテルの入口も、必ずといっていいくらいボコっと膨らんでいます。

ヌサドゥア地区は政府主導で景観や治安が整備されていますので、道の整備不良で荒れているわけではありません。

ではなぜこうなっているのか?をタクシー運転手のオバマさんに聞いたら、車のスピードを抑えるためなんだそうです。

実際に体験してみると分かるのですが、ゆっくり車を走らせていても、ボコっと膨らんだ部分にくるとけっこう縦に揺れます。

スピードを出していたらもっと揺れるはずです。

だからどのタクシーに乗っても、ヌサドゥア地区に入ったとたんにすごくスピードが遅くなります。

他の国と同じく、バリ島のドライバーも運転が荒い人が多いので、こうして自発的にスピードを抑える仕組みを作らないと、安全運転を徹底するのが難しいのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

天空のチューリップ祭り

2016-5-6

富士山とチューリップのコラボ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る