バリコレクションへの行き方、無料シャトルバスの使い方

宿泊先のアヨディアリゾートに到着したのは八時半頃。
フロントでチェックイン手続きをしたら、部屋の掃除をしているところで、十二時になるまで部屋に入れませんと言われました。
チェックインまでけっこう時間があるので、バリコレクションというショッピングモールへ行って時間をつぶすことにしました。

【バリコレクション】

バリコレクション

バリコレクション

ここはかつてDFSギャラリアだったのですが、バブル崩壊後に日本人客が激減したことが主要因で倒産。
それからしばらく後にバリコレクションとしてリニューアルオープンした、、、とタクシー運転手さんに聞きました。

アヨディアリゾートからバリコレクションへは徒歩15分くらいなのですが、暑い中歩くのはちょっときついので無料シャトルバスに乗っていきました。
コンラッド・ペニンシュラ・ノヴォテルなど主要ホテルをまわっていて、約一時間間隔で走っています。

バスの車体は何種類かあるのですが、この時乗ったのはドアと窓が無いタイプ!
でも走ると風が(当然ながら)どんどん入ってくるので暑くはありません。
それよりも気になったのは揺れが激しいこと。

決して運転が丁寧ではない(笑)というのと、ヌサドゥア地区にはホテル入口や道路のあちこちに凹凸があり、そこを通る時にも揺れます。
だから窓枠にしっかりとつかまっていました。

全部のバスがこうなのかなと思ったのですが、その後何回か乗るうちに、むしろ窓もドアも無いタイプの車体になることのほうが少ないと判明。

↓これは窓もドアもちゃんとあるタイプのバス。

バリコレクションへの無料シャトルバス

↓車窓からの眺め

バリコレクションへの無料シャトルバス

詳しい時刻表はバリコレクション内にあるガイドブックに書かれています。
ほぼ一時間おきに運行されているのですが、正午あたりなどに、運行されない時間もあります。

あと乗り場にはA、Cの2か所あり、行くホテルによって乗り場が違うのも注意点です。
これもガイドブックに場所が書いてありますし、それぞれの乗り場に立っている写真のようなボードにも「you are in Lobby C right now」という案内が。

バリコレクションの案内板

でも自信が無ければ、乗り場に係員が一人は必ず居るので「AYODYA RESORT OK?」とか聞けば、合っているのか間違っているのか教えてくれます。

なお同じLobby Cでも、行く先のホテルによってバスが違うのがちょっとややこしいところ。
時刻表を見ながら乗れば間違いは無いのですが、これまた係員に、来たバスを指さしながら「AYODYA RESORT OK?」とか聞けば合っているかどうか教えてくれます。

ちなみに歩いて帰る場合には、こんな遊歩道をずっと通っていきます。

バリコレクションへの遊歩道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

まつだ桜まつり2016

2016-2-22

今年も河津桜と富士山を満喫

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る