洗濯と乾燥を一晩で済ますコツ

1か月間位の旅行の場合でも、服や下着は3日分だけ持っていき、毎日あるいは1、2日おきに洗濯すれば荷物が少なくて済みます。
というわけで洗濯するときのポイントをまとめました。

1.シャワーを浴びるついでに洗濯するか、洗面台に水をためて洗濯
シャワーを浴びたついでに、バスタブに水を溜めて洗濯するか、バスタブがない場合は洗面台に水をためて洗濯します。
ちなみに僕は、シャワー・トイレが共同だからバスタブがない、そして共同で使う洗面台で洗濯するのも気分的に微妙・・・という場合などに、シャワーを浴びると同時に洗濯物もゴシゴシ洗うこともあります。

2.干す前にドライヤーやバスタオルを使い、できるだけ水分を取る
ドライヤーを数分当て、ある程度水分を取るか、バスタオルで洗濯ものをクルクルと巻いて雑巾絞りの要領で絞ると、単に手で絞るよりも水分を取れますので、かなり乾きやすくなります。

3.洗濯ばさみ付きの洗濯ヒモやハンガーで干す
こうすれば部屋の中で干せますし、乾燥しがちなホテルの室内を潤すこともできて一石二鳥です。

エアコンの風が当たる場所に干しておけばさらに乾きやすくなります。
ヨーロッパは基本的に乾燥しているので、ホテルでなくとも一晩くらいで乾きます。

チェックアウトまでに乾かなかった場合は、ビニール袋に入れて、次の宿ですぐに干すと良いです。
なお、女性の下着など部屋を掃除してくれる人などに見られたくない場合は、ある程度乾かした後、クローゼットの中に干すと良いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る