ホテルの無料送迎にチップは必要か?

チップの習慣がある国では、ホテルやレストラン、タクシーなどでサービスを受けたときに少額の礼金を支払います。

・ホテルの掃除やベッドメーキングに対して・・・日本円で100円ていど
・ホテルや空港でポーターに荷物を運んでもらった場合・・・荷物1個につき日本円で100円ていど
・レストラン・・・料金の10%ていど
・タクシー・・・料金の10%ていど

というのが一般的なパターンですが、多めに渡すという人もいれば、少なめに渡すという人も居ます。

なかには「チップを出したことがない」という人も居て、人それぞれというのが実際のところです。

僕的には、サービスが良いと感じたならば自分で決めた基準よりも多めに払い、悪いと感じたならば少なくする、あるいは支払わない、でよいのではないかと思います。

ここまでは基礎的な知識なのですが、ここからは応用編?な話になります。

先日行ったグアムはアメリカなのでチップの習慣があるわけですが、成田空港で飛行機に乗る直前に、ふと「空港-ホテルの無料送迎では、チップは必要なのか?」という疑問が浮かびました。

今回のホテルは、じゃらんから「朝食・無料送迎つき」というプランを申し込んだのですが、無料送迎つきというのは今まで経験がありません。

だから「サービス料はホテル代に含まれているから不要な気もするし、ちゃんとチップを払ったほうが良いような気もするし・・・」と迷ってしまいました。

ササっとiphoneでQ&Aサイトなどを検索してみたのですが、これ!という答えは見つかりません。

だから「送迎してくれる人の雰囲気が良かったらチップを払おう」とだけ決めて飛行機に乗り込みました。

グアムの空港へ送迎に来てくれたのは、若くて感じのいいホテルスタッフでした。

だからホテルに着き、荷物を持ってフロントまで案内してくれたあとに、彼の去り際に荷物2個ぶんのお礼として、2ドルを二つ折りにして渡したら「Ah, Thank you very much sir」と言ってくれました。

彼が別途、宿泊料金の中から送迎料金をもらっていたのかどうか分かりませんが、それでお互い気分良くなったのであれば、まぁいいかと思ってます。

【グアム空港の出口から出たところで撮影】

グアム空港から出たところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る