真新しいドル紙幣をグシャグシャに丸める

こないだグアム旅行に備え、近所のみずほ銀行で日本円を米ドルに両替してきました。

といっても基本的にはクレジットカードを使うつもりなので、2~3万円だけの両替でしたが。

受け渡しの時、係の人から「新しいお札をお渡ししますので、もったいないですが、後でグシャグシャと折り曲げておくことをお勧めします」と言われました。

アメリカでは、もみくちゃになったようなお札が普通に流通しているため、真新しいピン札だと、むしろ偽札ではないかと疑われてしまうかもしれない(高額紙幣だとなおさら)のだそうです。

真新しいお札を渡される機会はそう多くないですし、ていねいに上記のような説明をしてくれる人も今まで居なかったのもあり特に意識してなかったのですが、確かに外国ではすごく汚れた紙幣を普通に見ます。

でもどこかでこういう話を見聞きしたような覚えも、かすかにあります。

だから改めて「言われてみれば、たしかにそうだよなぁ」と感じました。

新品の米ドル紙幣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る