海外旅行の際、iPhoneを基本的に無料Wi-Fiスポットだけで使う場合の設定

海外でiPhoneを使う場合、国内とは料金プランが違うので割高になります。
場合によってはとんでもない金額を請求されてしまうことも。

ですので僕は旅行に行くときは、基本的に電話もメールもインターネットも使わずに、必要なときに無料/有料wifiスポットでネットとメールを見るという使い方をしています。

それにあたって必要なiphoneの設定は下記です。
念のためソフトバンクモバイルのサポートに電話して確認もしました。

・「設定>機内モード」をオンにする
・「設定>一般>ネットワーク>モバイルデータ通信」をオフ(任意)
・「設定>一般>ネットワーク>データローミング」をオフ(任意)
・「設定>一般>ネットワーク>3Gをオンにする」をオフ(任意)
・有料/無料のwifiスポットでネットやメールを使う時だけ、「設定>Wi-Fi」をオンにする

機内モードをオンにすれば全ての通信が行われないようになっていますので、知らないうちに課金されてしまうことはありません。
でも心配であれば、モバイルデータ通信もデータローミングも念のためにオフにしておくと万全です。3Gもオフにしておくと、バッテリー消費を抑えられます。

(データ通信とは関係ないですが「設定>一般>日付と時刻」で、現地の日時に合わせるのも必要。)

☆無料/有料wifiスポット以外でネットや電話をする場合

どうしても必要な場合は海外パケットし放題プラン(通常は契約に含まれていますが心配な場合はmy softbankなどで確認してください)を使ってネットや通話をするのですが、その場合には下記の設定が必要です。

・「設定>機内モード」をオフにする
・「設定>一般>ネットワーク>モバイルデータ通信」をオン
・「設定>一般>ネットワーク>データローミング」をオン
・「設定>一般>ネットワーク>3Gをオンにする」をオン
・「設定>キャリア」で、パケットし放題の対象キャリアを手動で設定する

キャリア自動選択にしておくと、パケットし放題の対象ではないキャリアに接続されてしまうことがあります。

1日最大1980円、2980円というように1日単位で課金されますが、日本時間で計算されるので、世界時計で日本時刻と現地時刻を両方表示しておくなど注意が必要です。

あとSMSの送信と電話による通話は対象外なことにも注意してください。
(電話は着信した側にもお金がかかります。SMSの受信は無料です。)

【参考】
・アイフォン(スマフォ)を海外で使う方法 http://hitrip.ikuranet.com/step2_6_2.html
・海外でつかう(softbank公式) http://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/
・海外での通話料金の仕組み(softbank公式) http://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/about/price.html

なお万が一高額請求されてしまったとしても一切責任を負いかねますので、海外でのご利用は自己責任にて、十分にご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年2月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る